FC2ブログ

シャーロキアンのみにお勧めします。

4490205767シャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブック
ジュリア・カールスン ローゼンブラット フレドリック・H. ソネンシュミット Julia Carlson Rosenblatt
東京堂出版 2006-07

by G-Tools


実家にいた間に読了。
母が図書館から借りてきてたものだが、ちゃっかり拝借して読んでしまった。

ホームズとワトソンが食べたであろう食事メニューを再現した本である。
何でも、シャーロキアンが集まってそういう会を催し、その際のメニューを記録したものだそうだ。

母は料理に面白いものがないかと借りたらしいが、私は料理の前の文章の薀蓄を愉しんだだけで、料理レシピはすっ飛ばして読んでいた。
決して不味そうという訳ではなく、読んでいて想像がつかなかったのだ。
ヴィクトリア期のイギリスの料理なんて、見たことないもん。

レシピの前の文章が本当に面白かったのだ。
ただし、それを理解し愉しむには、「正典」の土地や出来事、台詞をある程度記憶していないといけない。
シャーロキアンとはそういう人を指すのだ。
一応かなりの量の注釈がついているが、台詞の出典や、とある単語でどの小説の誰を思い出すだろう、の程度なので、実際の文章を読まないと分からないものが多い。

その微細な薀蓄が愉しく感じる私は、シャーロキアンなのだろう。
記憶が足りないので、真性ではなさそうだが。

私程度の人は、そのメニューの出てきた短編を読んでからその項を読むのが良さそうだ。
家に全短編収めた本があるのだから、それを併読すればよかった。


断言。シャーロキアンの本だ。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Eucalie

  • Author:Eucalie
  • 馬が好き。
    写真撮るの好き。
    音楽好き。
    本好き。
    おいしい物好き。
    たまに毒吐きます。
    コアラの餌です。
My other blogs
カテゴリー
最近の記事
Archives
  • 全記事
  • 年月別
  • 2019年09月 (7)
    2019年08月 (16)
    2019年07月 (12)
    2019年06月 (6)
    2019年05月 (12)
    2019年04月 (15)
    2019年03月 (9)
    2019年02月 (18)
    2019年01月 (22)
    2018年12月 (19)
    2018年11月 (9)
    2018年10月 (8)
    2018年09月 (4)
    2018年08月 (5)
    2018年07月 (8)
    2018年06月 (8)
    2018年05月 (10)
    2018年04月 (10)
    2018年03月 (16)
    2018年02月 (13)
    2018年01月 (14)
    2017年12月 (14)
    2017年11月 (4)
    2017年10月 (2)
    2017年09月 (2)
    2017年08月 (2)
    2017年07月 (1)
    2017年06月 (5)
    2017年05月 (2)
    2017年04月 (1)
    2017年03月 (4)
    2017年02月 (1)
    2017年01月 (1)
    2016年12月 (2)
    2016年11月 (3)
    2016年10月 (2)
    2016年07月 (5)
    2016年06月 (3)
    2016年05月 (12)
    2016年04月 (12)
    2016年03月 (11)
    2016年02月 (1)
    2016年01月 (3)
    2015年12月 (4)
    2015年11月 (8)
    2015年10月 (3)
    2015年09月 (10)
    2015年08月 (6)
    2015年07月 (8)
    2015年06月 (4)
    2015年05月 (9)
    2015年04月 (11)
    2015年03月 (19)
    2015年02月 (10)
    2015年01月 (3)
    2014年12月 (16)
    2014年11月 (10)
    2014年10月 (12)
    2014年09月 (8)
    2014年08月 (16)
    2014年07月 (12)
    2014年06月 (8)
    2014年05月 (6)
    2014年04月 (2)
    2014年03月 (5)
    2014年02月 (13)
    2014年01月 (18)
    2013年12月 (11)
    2013年11月 (9)
    2013年10月 (10)
    2013年09月 (11)
    2013年08月 (12)
    2013年07月 (14)
    2013年06月 (17)
    2013年05月 (8)
    2013年04月 (10)
    2013年03月 (9)
    2013年02月 (7)
    2013年01月 (19)
    2012年12月 (18)
    2012年11月 (21)
    2012年10月 (25)
    2012年09月 (18)
    2012年08月 (27)
    2012年07月 (27)
    2012年06月 (28)
    2012年05月 (22)
    2012年04月 (14)
    2012年03月 (13)
    2012年02月 (16)
    2012年01月 (22)
    2011年12月 (18)
    2011年11月 (23)
    2011年10月 (20)
    2011年09月 (19)
    2011年08月 (27)
    2011年07月 (25)
    2011年06月 (26)
    2011年05月 (27)
    2011年04月 (18)
    2011年03月 (27)
    2011年02月 (23)
    2011年01月 (24)
    2010年12月 (30)
    2010年11月 (27)
    2010年10月 (31)
    2010年09月 (29)
    2010年08月 (30)
    2010年07月 (23)
    2009年08月 (1)
    2009年04月 (1)
    2009年03月 (4)
    2008年09月 (1)
    2008年08月 (1)
    2008年07月 (1)
    2008年06月 (1)
    2008年05月 (2)
    2008年04月 (5)
    2008年03月 (7)
    2008年02月 (8)
    2008年01月 (12)
    2007年12月 (14)
    2007年11月 (8)
    2007年10月 (7)
    2007年09月 (13)
    2007年08月 (10)
    2007年07月 (17)
    2007年06月 (18)
    2007年05月 (17)
    2007年04月 (17)
    2007年03月 (19)
    2007年02月 (26)
    2007年01月 (35)
    2006年12月 (32)
    2006年11月 (29)
    2006年10月 (26)
    2006年09月 (23)
    2006年08月 (49)
    2006年07月 (45)
    2006年06月 (31)
    2006年05月 (43)
    2006年04月 (17)
    2006年03月 (26)
    2006年02月 (15)
    2006年01月 (14)
    2005年12月 (13)
    2005年11月 (19)
    2005年10月 (24)
    2005年09月 (25)
    2005年08月 (21)
    2005年01月 (8)
    2004年12月 (3)
  • サイト内検索
  • 最近のコメント
    最近のトラックバック